ミニシアター通信 > 東京アイドル通信


HKT48劇場でもデビューのAKB48チーム8、イベント出演が続き注目の的に!

2014年8月13日 2時39分 参照回数:



AKB48チーム8

AKB48チーム8 (撮影:竹内みちまろ 2014年8月12日 AKB48劇場にて)



 各都道府県で開催されたオーディションで選出された47名で構成されるAKB48のチーム8。「会いに行くアイドル」として、全国各地でイベントを開催しているが、8月5日、6日、7日の3日間に渡り、AKB48劇場(東京)とSKE48劇場(名古屋)で、「中国・四国・九州」「北海道・東北・関東」「中部・関西」の出身者ごとに分かれた16名ずつで「PARTYがはじまるよ」公演を行い、劇場デビューを果たした。

 そのチーム8の「PARTYがはじまるよ」公演が、2014年8月12日から15日まで、再びAKB48劇場で開催され、今回は同時に、HKT48劇場(博多)でも開催され、HKT48劇場でもデビューを果たした。

 今回の公演日程の初日となる12日、AKB48劇場では、すでにSKE48劇場で劇場デビューを果たしている「中部・関西」エリアのメンバーが登場した。

【AKB48劇場出演メンバー「PARTYがはじまるよ」公演】

吉川七瀬(千葉)、藤村菜月(愛知)、横道侑里(静岡)、服部有菜(岐阜)、山本亜依(三重)、橋本陽菜(富山)、北玲名(石川)、長久玲奈(福井)、近藤萌恵里(長野)、永野芹佳(大阪)、太田奈緒(京都)、山田菜々美(兵庫)、山本瑠香(和歌山)、大西桃香(奈良)、M咲友菜(滋賀)、人見古都音(岡山)

 「中国・四国・九州」「北海道・東北・関東」エリアのメンバーは前回日程の際にAKB48劇場で公演を行ったが、「中部・関西」エリアのメンバーがAKB劇場に立つのは、この日が初。メンバーは、「ついに中部・関西エリアのメンバーがやってきました!」と元気にあいさつし、大歓声を浴びた。

 トークでは、先日まで千葉・幕張メッセで開催されていたファンイベント「AKB48グループ夏祭り」が話題に挙がった。先輩メンバーからトーク術を学んだ、ファンと初めて糸電話で話をした、特技のギターを披露して楽しかった、屋台でわたがし作りに失敗して小さなわたがしをお客さんに渡してしまったなど、フレッシュなチーム8らしい初々しい話題続出で、劇場をなごやかな空気に包んだ。

 その「AKB48グループ夏祭り」の中で開催された、お兄ちゃんが喜ぶ「妹萌え台詞」などを披露して競う「妹−1グランプリ」で見事優勝を果たした濱咲友菜は、この日が、AKB48劇場でのお披露目となった。また、前回の公演日程から今回の公演日程までの間に、9月に日本武道館で開催されるAKB48じゃんけん大会にチーム8から出場する3名(行天優莉奈・香川/太田奈緒・京都/本田仁美・栃木)が決定したが、出場者の太田もこの日、始めてAKB48劇場のステージに立つことになった。

 フレッシュなパフォーマンスでファンを魅了したチーム8だが、続々とイベント出演もこなし、ファンの注目も高まっている。チーム8の次回公演の日程(AKB劇場=8月25日と26日、SKE48劇場=8月21日と22日)も発表され、ますます、チーム8から目が離せなくなった。



→ AKB48チーム8、「夢にまで見た劇場公演」をAKB48・SKE48劇場でスタート



→ 【女子コラム】ただいま急成長中!HKT48が放つ、もぎたてのフレッシュさと無限大の可能性


→ 指原莉乃、HKT48の12歳“矢吹奈子・田中美久”コンビにメロメロ!


東京アイドル通信